第14回 河北小中学生書道展
     
金賞 小5 尾形 可蓮
     
銀賞 小2 鈴木 花
銀賞 小3 山村 瑠星
銀賞 小4 熨q 葵
銀賞 小5 遠藤 侑那
銀賞 小5 岡普@理愛
銀賞 小5 佐藤 千紘
銀賞 中1 石田 彩陽
     
銅賞 小2 石川 渚
銅賞 小2 影山 咲樹
銅賞 小2 佐藤 麻紘
銅賞 小2 鈴川 縁
銅賞 小3 一郷 就
銅賞 小3 岡普@瑛斗
銅賞 小3 成田 詩希
銅賞 小5 大沼 美月
銅賞 小5 嘉藤 春花
銅賞 小5 中島 梨心
銅賞 小5 吉信 優希
銅賞 小6 一ノ関 杏奈
銅賞 小6 佐々木 柊弥
銅賞 小6 針生 莉紗
銅賞 小6 三浦 彩楽
銅賞 小6 八幡 凜
銅賞 中2 梶原 幸穂
銅賞 中2 千葉 大翔


第37回 全国硬筆コンクール
全書会賞 小6 八幡 凜
優秀特選 小2 佐々木 めい
  小3 正宗 藍
  小5 吉信 優希
  小6 三浦 彩楽
  中1 伊東 花梨
  中3 立花 百愛
  高3 福士 優菜
  一般 蓮田 恵
  一般 堀籠 千秋


第67回 東洋書芸展
【於東京都美術館 10月16日〜22日 】
審査員:竹村 草沙
書芸展会員:竹村 琅沙
推薦11 菅原 光草
入選 半田 泉沙


第40回 全国豊かな海づくり大会
食材王国みやぎ大会習字コンクール
宮城県漁業協同組合
代表理事組合長賞
小4 熨q 葵


第35回 全国書写書道展覧会
文部科学大臣賞 小6 三浦 彩楽
読売大賞 中3 立花 百愛
文京区教育委員会賞 大4 三浦 充早希
中国大使館文化部賞 小6 八幡 凜
  大3 伊藤 愛香
読売新聞社賞 中2 梶原 幸穂
  一般 渡邉 明沙
書研会長賞 中1 伊東 花梨
  高3 福士 優菜
審査委員会長賞 小6 正宗 凛久
特別教育振興会賞 高1 柳川 幸大
  一般 堀籠 珠草
  一般 赤井澤草栄
審査委員会賞 小5 吉信 優希
全国小学校賞 小4 熨q 葵
  小6 織田 真奈美
全国中学校賞 中3 片倉 沙紀
書研賞 小4 市川 嵩真


第74回 宮城県・仙台市
小・中学校児童生徒書ぞめ展覧会
【宮城県】
+++ 硬 筆 +++
■優秀賞 小2 成田 詩希
  小2 山村 瑠星
  小3 市川 嵩真
  小4 遠藤 侑那
  小4 中島 梨心
  小5 正宗 凛久
  小5 八幡 凜
  小6 石田 彩陽
  小6 伊東 花梨
  小6 貝山 恵風
  中1 梶原 幸穂
  中2 片倉 沙紀
  中3 柳川 幸大
+++ 毛 筆 +++
■優秀賞 小3 熨q 葵
  小4 吉信 優希
  小5 一ノ関 杏奈
  小5 織田 真奈美
  小5 千葉 悠翔
  小5 三浦 彩楽
  小6 相澤 美玖
  中1 梶原 幸穂
  中2 立花 百愛

【仙台市】
+++ 硬 筆 +++
■入選 小1 佐藤 麻紘
  小2 井内 暁陸
  小2 岡普@瑛斗
  小3 及川 太陽
  小3 原 渚紗
  小4 吉澤 千花
  小5 澤口 一姫
  小5 白壁 英
  小5 山村 明優
  小6 木下 桃歌
+++ 毛 筆 +++
■入選 小4 岡普@理愛
  小4 尾形 可蓮
  小4 坂田 心春
  小4 佐藤 千紘





■□■ 2022年1月・2月の開講日 ■□■
教室名 曜日 時間 日程
自宅室 10:00〜12:00 1月 - 12日 19日 26日
2月 2日 9日 16日 -
15:30〜19:00 1月 - 12日 19日 26日
2月 2日 9日 16日 -
9:00〜13:00
15:00〜18:00
1月 - 15日
(16日)
22日
(23日)
29日
(30日)
2月 5日
(6日)
-
19日
(20日)
26日
(27日)
幸町室 15:00〜18:30 1月 - 13日 20日 27日
2月 3日 -
17日
24日
▲自宅室は引き続き完全予約制です▲
(※土曜日の開講は、日曜日と分散して行います。 )
 


■2022年1月4日 謹 賀 新 年

寒さ厳しい年明けでしたが、直視できないほど光り輝く初日の出は、神々しく暖かく大きなエネルギーを感じました。
本年もよろしくお願いいたします。
■2021年12月30日 欧米での新たなオミクロン株の大流行に驚かされ、再び油断大敵となりました。
そのため、今またしばらくは、自宅室の皆さんの受講時間の完全予約制となります。
■2021年12月30日 2022年2月の開講日を更新しました。
■2021年12月1日 いよいよ今年も一月足らずとなりました。残念ながら昨年春からの新型コロナ問題に神経を使うことに明けくれました。しかしそんな中でも書道に心寄せる新しい出会いもいただけましたことは、有難く大切にしたいと思っております。
これまでにない厳しい状況の中にありながら、一般の方々が心を込めた作品の発表の場も無事開催出来たことは最上の喜びでもありました。
今年1年皆さまより賜りましたご厚情に心より感謝を申し上げます。
■2021年12月1日 2022年1月の開講日を更新しました。
■2021年11月1日 第13回みやぎ破体書友会展の開催前に蔓延防止等重点措置が解除となりましたが、まだ皆さん警戒感が強い中、600名の来場者数は予想以上で、会員一同嬉しく喜びとなりました。
作品は勿論、表装とレイアウトで醸し出された雰囲気は「すてきな空間で癒される」「はじめての破体書がたのしい」等々好評裡に閉幕できました。
教室では小中学生が書初め硬筆課題の勉強をはじめました。夏の硬筆コンクールの学びをしっかり活かしてまいりたいところです。
■2021年11月1日 2021年12月の開講日を更新しました。
■2021年10月1日 いよいよ一般の部の作品展が近まりました。
今回の小品の部は久方ぶりに扇面に仕上げをしました。初めての挑戦者も想像以上の出来上がりに皆喜んでおります。
ここにきてご父兄のご栄転が相次ぎ、自宅室に少し余裕ができました。新入会者を募集いたします。
■2021年10月1日 2021年11月の開講日を更新しました。
■2021年9月1日 一般会員による作品展の仕上げの段階となりました。
どうぞ感染対策にご留意の上、会場でご高覧いただきたくご案内申し上げます。


老若男女誰しも尊く有難い命を授かったことを思えば、厳しいコロナ禍にあっても毎日の行動に反映されるものと考えます。
■2021年9月1日 ・2021年10月の開講日を更新しました。
・「第35回全国書写書道展覧会」の入選者を掲載いたしました。
■2021年8月1日 連日の猛暑の如く、オリンピックのメダルラッシュにも熱くなりました。しかしコロナはおさまる気配がなく、猛暑との二重苦でもあります。
お子さん達は夏休みに入りましたが、毛筆は学校だよりで案内された応募作品にも力を入れております。
一般会員は、秋の作品展に向けて着々と取り組み始めました。
■2021年8月1日 2021年9月の開講日を更新しました。
■2021年7月1日 昨年は新型コロナの影響でご多分にもれず開催が見送りとなった全国書写書道展も今年は開催されます。教室では締切間近となり、取りまとめの段階に入りました。
そして当室夏の恒例となっている硬筆コンクールに向けての勉強も始まりです。
■2021年7月1日 2021年8月の開講日を更新しました。
■2021年6月1日 コロナ対策から自宅室は、会員皆様のご協力のもとに、時間を区切り、人数制限で完全予約制の運営となっております。
5月末現在、高校生から一般の部は少し余裕がありますが、幼児から中学生に関する入会受付は、日曜日の若干名に限られます。
早くワクチン接種が行き渡り、1日も早く元の日常を取り戻せることを願うばかりです。
■2021年6月1日 2021年7月の開講日を更新しました。



第13回みやぎ破体書友会展(2021年10月)
第2部のはがき作品から


【「島柄長」竹村 琅沙】


【「鶴亀」菅原 光草】